アコール dod - その他世界観

Dod アコール 【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

Dod アコール 【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

Dod アコール ドラッグオンドラグーン3

Dod アコール ストーリー考察Part4|設定資料集の情報に基づいた答え合わせとヨルハ計画首謀者の謎 ※ネタバレ注意!

Dod アコール 【ニーア】オリジナルアコールの正体ってもしかしてヨコオ氏?【レプリカント】 |

Dod アコール 【ニーア】オリジナルアコールの正体ってもしかしてヨコオ氏?【レプリカント】 |

Dod アコール 【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

ドラッグオンドラグーン3

Dod アコール 【ニーア】オリジナルアコールの正体ってもしかしてヨコオ氏?【レプリカント】 |

Dod アコール ストーリー考察Part4|設定資料集の情報に基づいた答え合わせとヨルハ計画首謀者の謎 ※ネタバレ注意!

Dod アコール その他世界観

【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

その他世界観

仰々しい言葉を使い尊大な態度を取るが、それは全て自分の威厳を保とうと意識的に行っているもの。

  • それでは皆さんここまで読んでいただき、 本当に、本当にありがとうございました。

  • 機械生命体側ではアダムとイブの人格にも「ニーア」や「ヨナ」のデータが影響していそうだ。

『NieR/DOD #2』【考察】アコールについて考える【ネタバレ注意】

-- 名無しさん 2015-07-22 04:09:42• 要するに特異点を処分して記録をやめるってことかな -- 名無しさん 2015-07-29 23:25:34• その事実を言ってる人あまり見かけないのなんでだろ。

  • ゲシュタルト計画失敗が確定した時点で、人類の生存のために存在するアンドロイドはお役御免である。

  • 別の分岐では「おいで」の号令の下、魔獣化させたドラゴン「ゾフィエル」を召喚する。

『NieR/DOD #2』【考察】アコールについて考える【ネタバレ注意】

スリイに仕えている。

  • 未だ謎に包まれた部分の多い『ニーア』シリーズは、その裏側に想像を巡らせるのも楽しみの1つである。

  • ブラックボックスと自我データに関する補足として、機械生命体のコアは封じられているため、基本的にコア内の記憶データなどが移植されることはない。

【FF14】ニーアオートマタコラボ ネタバレ考察:この世界線はどのエンディング?:ちいさい太陽の日常

「花」の力の影響で身体の一部が過剰に成長していくという特徴があり、また性欲も人一倍強い。

  • 天使 ウタウタイに送られたウタの力によって、使途により召喚される異形のモンスター。

  • 『ドラッグオンドラグーン 死ニ至ル赤』2å·»83頁に記載されている対談において、「『DOD』の世界は我々 プレイヤー の世界と地続きである」ということが、同書145頁に記載されている対談では「『DOD1』に登場した女神の城はルーマニアのあたりにある」ということが語られている。

【ニーアオートマタ】ストーリー考察Part2

DOD3についての4亀のインタビューでヨコオ氏が『アコールがDエンディングのラストに"本当にありがとうございました"と言っているのは、DOD1のセルフパロディではなくアコールが現実世界やプレイヤーの存在を認識しているから』と言っていたので、アコールは現実世界を形成する分岐(西暦856年に大災厄が起きず、新宿エンドにも巻き込まれていない我々の世界)さえも含むあらゆる多元世界の外部で全体像を俯瞰できるほどの存在なわけで、もしかすると多元世界という概念とその構造を完全に解明した分岐が存在していて、そこの人類が世界をフォールダウンから救うためにアコールを製作し派遣したのでは。

  • 単に武器物語自体が時系列を無視している説• 人間の子供の骨や皮や髪などを使って人形などのオブジェを作ることを趣味としている。

  • シリングはよくあるゲームのルールを風刺するための開発者は試みたテクスチャ、グラフィック、キャラクターデザインを批判した。

ニーアオートマタ ネタバレ考察:DOD3と類似している部分一覧:ちいさい太陽の日常

「魔獣」と呼ばれる場合もあるが、明確な違いは不明。

  • リードアニメーター - 千本啓五• 下水道で釣り上げることができる小型剣「鉄パイプ」のウェポンストーリーをすべて解放すると、ヨナが「おにいちゃん」に語りかけるような内容が確認できる。

  • 地上戦では発動すると移動速度が上昇し、強力な攻撃が使用可能になるほか、特定の攻撃以外は受け付けないスーパーアーマー状態になる。

    関連記事



2021 luismiguel.pt