100 ワニ 炎上 - ​「100ワニ」の炎上、何が世間を怒らせた? 読者の脳内で進行していた“ストーリー”とは

ワニ 炎上 100 4コマ漫画「100日ワニ」炎上に学ぶ。無料から有料誘導へのタイミングが成否を握る

ワニ 炎上 100 ​「100ワニ」の炎上、何が世間を怒らせた? 読者の脳内で進行していた“ストーリー”とは

ワニ 炎上 100 101日後に炎上したワニ 評論家が指摘する後味の悪さ:朝日新聞デジタル

「100日後に死ぬワニ」は、なぜ炎上したのか:早すぎる(2/3 ページ)

ワニ 炎上 100 「100日後に死ぬワニ」の炎上 マネタイズでなくタイミングに理由

ワニ 炎上 100 『100日後に死ぬワニ』炎上でゲーム化は頓挫も、映画はいまも「製作中です」

ワニ 炎上 100 100日後に死ぬワニが炎上した理由と作者きくちゆうきの欲と自信の考察|こあらの散歩道

ワニ 炎上 100 『100日後に死ぬワニ』開始から1年…人気と炎上の顛末を追う

『金スマ』“100ワニ”作者・きくちゆうき登場で再炎上!「最低な作品でした」 (2020年12月21日)

ワニ 炎上 100 「100日後に死ぬワニ」が大ブーム!炎上したその理由とは?

​「100ワニ」の炎上、何が世間を怒らせた? 読者の脳内で進行していた“ストーリー”とは

ワニ 炎上 100 100日後に死ぬワニ、やしろあずき・電通関連が発覚で炎上「結局ステマか」

ワニ 炎上 100 「100日後に死ぬワニ」爆死、五輪延期やアナ雪ステマ騒動との残念な類似点

【炎上】100日後に死ぬワニが大炎上 / 作者がネット生放送で心境を激白「自分たちで正しいと思っている事を今やってる」 | バズプラスニュース

「100日後に死ぬワニ」爆死、五輪延期やアナ雪ステマ騒動との残念な類似点

この話の終わり方自体に大きな不満を持った人はあまりいないだろう。

  • 時節柄、「え?またNY市場が下落したの?」なんて心配になってしまう方も多いかもしれないが、コロナショックの話ではない。

  • 「死んだら負けだ」。

【炎上】100日後に死ぬワニが大炎上 / 作者がネット生放送で心境を激白「自分たちで正しいと思っている事を今やってる」 | バズプラスニュース

当時のきくちさんのフォロワー数は1万程度と、それほど多くはなかったようで、最初の頃は投稿へのコメントに一つ一つ丁寧に返答されているのが今も残っています。

  • きくちさんのツイッターアカウントはこの投稿を最後に、喪に服すかのように無言のままなのです。

  • それが本当かどうかは分かりません。

100日後に死ぬワニ、やしろあずき・電通関連が発覚で炎上「結局ステマか」

【続報】. それにいろんな人が共感してくれて、仲間ができて、盛り上げてくれて、僕は感謝しかないです。

  • とはいえ個人的にはかなり根拠に乏しく、現時点では言い掛かりに近い意見かなと思います。

  • 自分の描きたいことは描けましたので、満足です。

100日後に死ぬワニが炎上したのは「アンダードッグ効果」を見誤ったせいだという説|龍星光 / RyuseiHikaru|note

また最初の投稿も2日目の段階では、1000リツイートとそれほど多かったわけではありません。

  • 楽しかったです。

  • そう、「電通案件」である。

100日後に死ぬワニが炎上したのは「アンダードッグ効果」を見誤ったせいだという説|龍星光 / RyuseiHikaru|note

商業展開といえば、ワニが死んだ日に告知された映画化が残されたまま。

  • 早い段階できくちさんとベイシカさんの出会いがあり。

  • 面白ければ絶賛されるでしょうし、ダメなら酷評されるだけのことですし、それは作品を見てから自由に論じてはいかがでしょうか。

『100日後に死ぬワニ』炎上でゲーム化は頓挫も、映画はいまも「製作中です」

死はある日突然、穏やかで幸せな日常の中にも、理不尽に訪れる。

  • ここからはこの炎上騒ぎを深く掘り下げ、「 徳を積む」という点に主題を置いて最終回を考察したい。

  • 平凡な1日の大事さを説く作品が、たった1日の平凡な時間を持てずに炎上したというのは、ある意味、象徴的な話と考えるべきなのかもしれません。

​「100ワニ」の炎上、何が世間を怒らせた? 読者の脳内で進行していた“ストーリー”とは

ひとつは主人公である「ワニ」がアンダードッグです。

  • 今回はマーケティングの手法やタイミングが作品や人々の心理に大きな影響を与えることを知らしめる一件となった。

  • コロナ禍で中国の工場止まってるはずだぞw》 など、批判の声が吹き荒れている。

4コマ漫画「100日ワニ」炎上に学ぶ。無料から有料誘導へのタイミングが成否を握る

最終回直後に、立て続けに公開された商業的な取り組みの数々が、ツイッター上を中心に疑問や批判を生み、それが雪だるま式に疑惑を呼んで炎上状態になり、ネットメディアを中心に炎上の経緯への批判的な論調の議論が今も続いています。

  • アンダードッグ効果とは アンダードッグ効果という単語があります。

  • 炎上がなければ私もこの点を見逃していたはずであり、表面的には的外れながらこの炎上は有意義なものだったと思える。

    関連記事



2021 luismiguel.pt