トアラセット 配合 錠 - 医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「Me」)

配合 錠 トアラセット 医療用医薬品 :

トラムセット(トアラセット)の悪心・嘔吐と制吐剤併用の注意点【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

配合 錠 トアラセット トアラセット配合錠「DSEP」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「日本臓器」)

配合 錠 トアラセット 【痛み止め】トラムセット配合錠とロキソニン錠の作用の違いや併用、注意点を解説

配合 錠 トアラセット トアラセット配合錠「DSEP」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

配合 錠 トアラセット トラムセット(トアラセット)の悪心・嘔吐と制吐剤併用の注意点【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

トアラセット配合錠「DSEP」

配合 錠 トアラセット 【痛み止め】トラムセット配合錠とロキソニン錠の作用の違いや併用、注意点を解説

配合 錠 トアラセット トアラセット配合錠「日本臓器」

配合 錠 トアラセット 医療用医薬品 :

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「Me」)

配合 錠 トアラセット トラムセット(トアラセット)の悪心・嘔吐と制吐剤併用の注意点【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

トアラセット配合錠「DSEP」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

配合 錠 トアラセット 医療用医薬品 :

トアラセット配合錠「DSEP」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「DSEP」)

ナルメフェン塩酸塩投与中• また、空腹時の投与は避けることが望ましい。

  • また、アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告がある。

  • ナルメフェン塩酸塩を投与中の患者又は投与中止後1週間以内の患者には投与しないこと。

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「日本臓器」)

重篤な血液異常• また、鎮痛作用が減弱するおそれがある。

  • 神経系障害:傾眠、浮動性眩暈、頭痛、味覚異常、筋緊張亢進、感覚鈍麻、錯感覚、注意力障害、振戦、筋不随意運動、第4脳神経麻痺、片頭痛、運動失調、昏迷、会話障害、運動障害。

  • 高齢者 65歳〜• 7. 重篤な血液異常のある患者[重篤な転帰をとるおそれがある]〔9. ] てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者、あるいは痙攣発作の危険因子(頭部外傷、代謝異常、アルコール又は薬物の離脱症状、中枢性感染症等)を有する患者[痙攣発作を誘発することがあるので、本剤投与中は観察を十分に行うこと。

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「DSEP」)

向精神薬による急性中毒• また、空腹時の投与は避けることが望ましい。

  • 間質性肺炎 間質性肺炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常等が認められた場合には、速やかに胸部X線、胸部CT、血清マーカー等の検査を実施すること。

  • キニジン[相互に作用が増強する恐れがある 機序不明 ]。

トアラセット配合錠「日医工」

また、本剤投与中止後にMAO阻害剤の投与を開始する場合には、2〜3日間の間隔を空けることが望ましい。

  • 人により副作用の発生傾向は異なります。

  • クマリン系抗凝血剤 ワルファリン [出血を伴うプロトロンビン時間の延長等のクマリン系抗凝血剤の作用を増強することがある 機序不明 ]。

医療用医薬品 : トアラセット (トアラセット配合錠「DSEP」)

機序不明 オンダンセトロン塩酸塩水和物 本剤の鎮痛作用を減弱させるおそれがある。

  • ] 気管支喘息のある患者[症状が悪化するおそれがある。

  • 6参照〕。

トアラセット配合錠「杏林」

頭部外傷• 呼吸抑制 呼吸抑制があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には本剤の投与を中止し、適切な処置を行うこと(「過量投与」の項参照)。

  • 投与間隔は4時間以上空ける• 血液異常 重篤な血液異常を除く 又はその既往歴のある患者:血液障害を起こすおそれがある〔2. 脳器質的障害• なお、症状に応じて適宜増減するが、1回2錠、1日8錠を超えて投与しない。

  • 連用により薬物依存を生じることがあるので、観察を十分に行い、慎重に投与すること〔11. 12歳未満の小児。

トアラセット配合錠「日医工」

MAO阻害剤 セレギリン塩酸塩 (エフピー) ラサギリンメシル酸塩 (アジレクト) サフィナミドメシル酸塩 (エクフィナ) [参照] 外国において、セロトニン症候群(錯乱、激越、発熱、発汗、運動失調、反射異常亢進、ミオクローヌス、下痢等)を含む中枢神経系(攻撃的行動、固縮、痙攣、昏睡、頭痛)、呼吸器系(呼吸抑制)及び心血管系(低血圧、高血圧)の重篤な副作用が報告されている。

  • トラマドールの便秘の副作用については耐性が形成されることはまれなので、便秘に悩まされる方が多いですね。

  • 痙攣発作の危険因子を有する• 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 0歳〜17歳• また、痙攣発作の危険性を増大させるおそれがある。




2021 luismiguel.pt