竹馬 の 友 意味 - 竹馬の友とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

の 意味 竹馬 友 竹馬の友 (ちくばのとも)とは【ピクシブ百科事典】

ことわざ・竹馬の友

の 意味 竹馬 友 「竹馬の友(ちくばのとも)」の意味と使い方|類語・対義語・由来

の 意味 竹馬 友 竹馬の友の意味!どんな由来があるの?類語や例文も紹介

竹馬の友とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

の 意味 竹馬 友 ことわざ「竹馬の友」の意味と使い方:例文付き

の 意味 竹馬 友 竹馬の友 (ちくばのとも)とは【ピクシブ百科事典】

の 意味 竹馬 友 「旧知の仲」とは?意味や使い方をご紹介

の 意味 竹馬 友 ことわざ「竹馬の友」の意味と使い方:例文付き

の 意味 竹馬 友 竹馬の友とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

の 意味 竹馬 友 【竹馬の友】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

の 意味 竹馬 友 竹馬の友の意味!どんな由来があるの?類語や例文も紹介

「竹馬の友(ちくばのとも)」の語源や由来は何?

「竹馬の友」の由来となっている「殷浩」と「桓温」は子供ながらに「闘争心」が強かったと言われていたそうです。

  • ただし、「青梅竹馬」のほうは男女の幼なじみに限られるが。

  • (出典:夢野久作『爆弾太平記』) 類語 ・旧友(きゅうゆう) 意味:古くからの友達。

【日本語に生きる中国故事成語】 竹馬(ちくば)の友

セリヌンティウスはメロスと2年間会っていませんでした。

  • では正解は? 「竹馬の友」の読み方は、 「ちくばのとも」でした。

  • ということで、次に「竹馬の友」の類語を紹介しちゃいます。

竹馬の友の意味!どんな由来があるの?類語や例文も紹介

つまり彼が私の下風に立つのは当たり前のことだ。

  • ちなみに「竹馬の友」は中国から来た言葉で、もともとの意味は単なる幼なじみではなく「良きライバル」という意味で使われていました。

  • いかに日本人が友を大切にしてきたかがわかりますね。

「旧知の仲」とは?意味や使い方をご紹介

ただ、李白の「長干行」に、日本の「竹馬の友」を思わせる次のようなくだりがある。

  • 由来は「晋書 殷浩伝」から 中国の「晋書 殷浩伝」によれば、殷浩(いんこう)と桓温(かんおん)という二人の軍人による「幼い時の記憶」が、現在の「竹馬の友」の由来になっていることが理解できます。

  • 竹馬の友の存在が人生を豊かなものにしてくれるようです。

「旧知の仲」とは?意味や使い方をご紹介

『晋書』の殷浩伝 いんこうでん に収められている、桓温 かんおん という人物の発言が由来です。

  • あなたも竹馬の友に会いに行ってみませんか?. 逆(さか)らうことなしということで、心が通った親友のことです。

  • だからこそ、激しいライバル関係が由来の言葉なのに日本ではあたたかい心通った言葉として使われているのではないでしょうか。

「旧知の仲」とは?意味や使い方をご紹介

「竹馬の友」は「幼い頃からの付き合い」であり、泣いたり転んだりしながらも日暮れまで一緒に遊んだというような、また、かけがえのない記憶をも蘇らせる言葉なのかもしれません。

  • ちょっと少年漫画っぽい、かっこいい言葉だったんですね。

  • その晋王朝について書かれた史書の「晋書」から由来しています。

「旧知の仲」とは?意味や使い方をご紹介

」といった記述から。

  • 「若い頃は殷浩と共に竹馬に乗って遊んでいたが、殷浩はいつも私の棄てた竹馬を拾って乗っていたものだ。

  • この日本語、あなたはなんと読んでいますか? ちなみに「竹馬の友」の意味は、「幼いころに、ともに竹馬に乗って遊んだ友。




2021 luismiguel.pt